2006年09月11日

セミリタイアを愉しむ殿のフィロソフイー

セミリタイアのすすめ(永淵 閑氏著)に上記の人物の記事があった。
歳は50半ばということで、同じ団塊おやじかな。
日本の大新聞社を途中退職し、シドニーで大学の教員をしているとのこと。

四十代でシドニーの大学、大学院で猛烈に勉強し、大学教員の資格を得たそうだ。
そして2年前非常勤となって、セミリタイアしたそうだ。

中高年での海外セミリタイアは、殿のようにしっかりした考え方と努力すれば
大変だけどできないわけわないと書いている。

ここからは良く似た考え方と思って勇気百倍てとこかな。
この殿、日本の大新聞社の第一線で活躍していた。
そのままいれば、安泰に定年を迎えられ、その後も悠々自適の人生を送れたはず。
にもかかわらず、人がうらやむような会社と仕事をすて、シドニーへきた。

その人生観とは。

自分の人生このまま終わってしまっていいのか、とふと考えた。

このまま定年を迎えてしまったら、私の人生はいったいなんだったのかと思うに違いない。

所詮、新聞社という会社勤め、貴社人間なんじゃ。

会社が中心の人生なんてつまらない。

だから、すきなことをして、自分の人生をいきたいと。!!!!!!!

人生、生き方、人それぞれあっていい。

ただ、これからの人生をどう生きたいかを考え、それに少しでも

近つ‘く努力を続ける人とそうでない人では、早晩大きな差になる。

と結んでいる

まったく、同感!!!
ただ自分の場合はいまからであるが、とにかく思い続け、進みたい。
posted by 人生の楽園 at 16:59| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年9月No.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

緑・花文化の知識認定試験とは

sees.jpg
 
 けっこう花好きなのだけど
 
最近ちょっとさぼりぎみかな
 
けっこう花・緑の知識には自信があったのだけど
 
緑・花文化の知識認定試験を2度受けたけど、2回とも3級だった
 
言い訳になるかもしれないが、花・緑といっても範囲が広すぎる

 たとえば、尾形光琳の屏風に書かれている植物の問題とか、
 
雑学が要求され、これで特級(75/80点)をとるのはたいへん
 
まず2級をとることをめざそう。
 
しかし、受験勉強ではないけど、徹底的に勉強しないとだめだな。
 
もし、あなたが植物が好きなら、挑戦してみてください。
 
 
 
 
 
 
posted by 人生の楽園 at 19:45| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年9月No.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

やってみたいこと

今日はやってみたいことをあげてみる。


たった一度の人生をただ平凡に生きるのはどうかと思う
それは人それぞれなので、自分は自分の生き方を選択したい。


あと十年しても今の気持ちをもって、生き生きとしていたい。
毎日、やることがいっぱいあって、今日はどれからやろうとか、
そんな毎日であってほしい。


できればいろんな人とかかわりもって、やれていれは最高!!!


そうなるためには、自分の「思い」が必要である。


夢というものは、まず「思い」があってスタートする。


つまらない「思い」、よこしまな「思い」であれば、夢も同じである。


このプログで日々自分自身の「思い」を再確認しよう。


それでは「やりたいこと」


1.電気工事士資格取得  済
2.工房を建てる       進行中
3.ガラス工芸
  ステンドグラス      進行中
  フュージング       進行中
  とんぼ玉          未
  サンドブラスト       進行中
4.アフィリエイト       進行中
5.ガラス工芸教室      未
6.ガラス工芸店をもつ    未
7.ガラスネットショップ   未
8.花と緑1級         未
9.農園をつくる        未
10.ニュージランドへ    未
11.工芸作家となる     未
12.工芸の賞をとる。    未
13.森林ボランテイア    未
14.人の役に立つことを   未
15.人生の楽園に出演   未
16.四国八十八をまわる  未
17.TOEIC 600      未
18.コミュニケーション場を
   つくる           未
19.ボランテイアに参加   未
20.料理を覚える       未


さしあたってこんなところかな。


がんばらないと人生が終わってしまう。


あせらず確実に!!!!

posted by 人生の楽園 at 18:04| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年9月No.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。